セラミック・銀歯、どっちがイイの?|浜松市でセラミック治療|ファミリアデンタルオフィス セラミック治療専門サイト

セラミック治療の豆知識 TRIVIA

セラミック・銀歯、どっちがイイの?



むし歯などで歯を治療したとき、セラミック・銀歯、どちらの詰め物・被せ物にするか迷ったご経験がある方も多いのではないでしょうか?


以前、ブログにてセラミック・銀歯の違いについてご紹介させていただきました。


セラミック・銀歯の補綴物(詰め物・被せ物などの人工物)はそれぞれにメリット・デメリットがあります。


「ギラギラ光るのはイヤ」

「自然な白さの歯にしたい」


歯科治療を受けるときは、上記のようなご希望や、詰め物・被せ物に求める機能性・美しさを考慮した上でセラミック・銀歯を選ぶことが大切です。


■セラミック治療とは


◎セラミック製の詰め物・被せ物を用いて歯を補います

セラミック治療とは、セラミック製の詰め物・被せ物を用いて歯を補う歯科治療です。


◎セラミックの種類

セラミック治療では、以下のようなセラミックを用い、歯を補います。


1.プレミアムダイヤモンドセラミック


丈夫なジルコニアフレームの上に審美性が高いポーセレンセラミックを焼き付けてある被せ物です。詰め物タイプのダイヤモンドセラミックもあります。


2.e-max(イーマックス)


ニケイ酸リチウムガラスによる高い透明感を持ち、美しさとしなやかさを兼ね備えたセラミックです。


3.オールジルコニア


金属と同程度の丈夫さを持つジルコニアのみで詰め物・被せ物が作られたセラミックです。丈夫さがある一方、歯の白さの色調の再現性は多少劣ります。


—–


上記が、当院で取り扱っているセラミックです。セラミックの種類・特徴について詳しくはブログにてご紹介しています。併せてご参照ください。


■セラミック治療のメリット・デメリット


◎セラミック製の詰め物・被せ物はたくさんのメリットがあります

セラミック製の詰め物・被せ物は以下のようなたくさんのメリットがあります。


①天然歯に近い自然な白さを再現できる

②歯垢や汚れがつきにくい

③吸水性が低く、変色・着色、劣化を起こしにくい

④歯との密着性が高く、詰め物・被せ物の下でむし歯が再発しにくい

⑤生体親和性が高く、身体にやさしい

⑥金属アレルギーの心配がない


(※1)オールジルコニアなど、セラミックの種類によっては

透明度や色調の再現性に多少劣る物もあります。

(※2)むし歯や歯周病を予防するには毎日のセルフケアと

歯科医院での定期メンテナンスが必須になります。

(※3)セラミック製の詰め物・被せ物を美しく保つためには毎日の

セルフケアと歯科医院での定期メンテナンスが必須になります。


◎メリットが多い一方、セラミック治療にはデメリットも

メリットが多い一方、セラミック治療にはデメリットも存在します。


①噛み合わせの力が強い場合、詰め物・被せ物が欠けたり割れることがある

②保険が利かず、治療費は自己負担になる(セラミック治療は自由診療)


{ジルコニアの登場により、以前と比べてセラミックは欠けや割れを起こしにくくなっています}


セラミックの詰め物・被せ物で気になるのが欠けや割れではないでしょうか。


たしかに、ジルコニアが登場する前のセラミックは強い力が歯にかかると詰め物・被せ物が欠けたり割れるケースがありました。


現在は金属と同程度の強度(1,000MPa前後)を持つジルコニアの登場により、以前と比べてセラミック製の詰め物・被せ物は欠けや割れを起こしにくくなっています。


—–


セラミックのメリット・デメリットについて詳しくはブログにてご紹介しています。併せてご参照ください。


■セラミック治療がオススメの方


・自然な白さの詰め物・被せ物にしたい(※)

・銀歯が原因の金属アレルギーで悩んでいる

・銀歯の見た目で悩んでいる

・銀歯の下でむし歯が再発することが多い


(※)オールジルコニアなど、セラミックの種類によっては

透明度や歯の色調の再現性に多少劣る物もあります。


■銀歯とは


◎金属製の詰め物・被せ物を用いて歯を補います

銀歯とは、金属製の詰め物・被せ物を用いて歯を補う歯科治療です。


◎銀歯の種類

銀歯の治療では、主に以下の2種類の金属を用い、歯を補います。保険の銀歯のむし歯治療で一般的に用いられているのは金銀パラジウム合金です。


1.金銀パラジウム合金


銀50%、パラジウム20%、銅17%、金12%、その他の金属(亜鉛、スズ、インジウムなど)で作られている金属です(※)。


(※)各メーカーにより、含まれている金属の

割合が異なる場合があります。


銀歯という名前ですが、金など、ほかの金属が含まれていることに驚かれる方も少なくありません。銀以外のほかの金属を配合することで、銀歯のしなやかさや耐久性を高めています。


2.銀合金


銀60%以上、亜鉛、スズ、インジウムなどで作られている金属です。


金銀パラジウム合金と比べて、銀合金は銀の割合が高い特徴を持っています。


■銀歯のメリット・デメリット


◎保険で比較的安価に治療を受けられ、丈夫さがあります

銀歯の詰め物・被せ物は以下のようなメリットがあります。


①保険で治療を受けられ、比較的安価に歯を補える

②金属のため、丈夫さがある(400MPa(銀合金)~800MPa(金銀パラジウム合金)前後の強度を持つ)


◎比較的安価に治療を受けられる一方、銀歯にはデメリットも

保険を適用して比較的安価に治療を受けられる一方、銀歯には以下のようなデメリットも。


①お口の中で詰め物・被せ物が光って見えてしまう

②時間が経つと詰め物・被せ物が錆び、黒ずんでくることがある

③金属アレルギーを起こす原因になる

④しなやかさに欠け、歯との密着性があまり良くないため、治療をした箇所が再度、むし歯になりやすい


■銀歯がオススメの方


金属アレルギーの原因になる点やむし歯が再発しやすい点など、歯や身体の健康を考えた場合、銀歯はオススメできません。オススメできませんが、費用の安さをお求めの方には銀歯が選択肢になる場合もございます。


【銀歯や歯の見た目でお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください】


ファミリアデンタルオフィスでは銀歯をセラミック製の補綴物に変えるセラミック治療、および、歯を内側から白くするホワイトニングを行っています。


銀歯や、歯の着色汚れなどの歯の見た目でお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください。


相談費は無料です。


カウンセリングでは歯科医師が患者さんの歯の状態を確認すると共にご希望(詰め物・被せ物の種類、ホワイトニングの種類など)をお伺いし、それぞれの方に合った治療方法・素材をご提案いたします。


ファミリアデンタルオフィス
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら