「イオンモール浜松市野」の近くにある歯医者

〒435-0052 浜松市中央区天王町1966

topics トピックス

歯科治療の保険診療と自由診療の違い

歯医者に行くとき、治療費がどのくらいかかるのか気になっている方も多いでしょう。治療費が大きく変わるのは保険診療と自由診療の違いによるものです。今回は歯科治療における保険診療と自由診療の違いについて解説します。


■保険診療と自由診療とは


日本では、歯科治療にも公的な医療保険が適用されます。しかし、すべての治療が保険対象というわけではありません。保険診療と自由診療は以下のように定義されます。


◎保険診療

医療保険制度の範囲内で行われる治療。国が定めた治療方法や材料を使用し、治療費の一部(1割~3割)が患者さんの負担となります。


◎自由診療

医療保険制度の範囲外で行われる治療。治療方法や材料に制限がなく、患者さんの要望に応じた治療が可能です。しかし治療費の全額が患者さんの負担となります。


■保険診療でできること


保険診療では、国が定めた基本的な歯科治療を受けることができます。


・むし歯や歯周病の治療

・根管治療

・抜歯

・詰め物や被せ物(銀歯など)

・入れ歯


これらの治療では、使用する材料や手法に制限があります。例えば、詰め物や被せ物では金属合金を使用し、入れ歯ではレジン床を使用します。これらは安価ですが、見た目や耐久性は劣ります。


■自由診療でできること


自由診療では、保険診療ではできない高度な歯科治療を受けることができます。


・審美目的のホワイトニングや歯列矯正

・インプラント治療

・セラミックや金など高品質な材料を使用した詰め物や被せ物

・金属床やノンクラスプ義歯など高機能な入れ歯


これらの治療では、見た目や機能性に優れた材料に技術を使用することができますが、材料費は高額、高度な技術も必要となるため、費用は高くなり保険による一部負担がないので全額自己負担となります。

しかしその分、審美性や機能的にも快適に過ごせる上に、再発のリスクも低く、予後も良好で補綴物などは長持ちするので長い目で見るとコストパフォーマンスは良いと言えます。


■高額療養費制度と医療費控除


歯科治療にかかる費用が高額になる場合、高額療養費制度や医療費控除という制度を利用することができます。


◎高額療養費制度

1ヶ月の間に保険診療で支払った医療費が一定の金額を超えた場合、超過分の医療費を保険者から払い戻してもらえる制度。年齢や所得によって払い戻しの上限が決まっています。


◎医療費控除

1年間に支払った医療費が一定の金額を超えた場合、超過分の医療費を所得税から控除してもらえる制度。保険診療だけでなく、自由診療も対象となり、確定申告が必要です。


これらの制度を利用することで、歯科治療の経済的な負担を軽減することができます


【自分に合った治療方法を選ぼう】

歯科治療の保険診療と自由診療の違いは、治療の幅と負担額の差です。どちらを選ぶかは患者さん自身の判断になりますが、歯科医師と相談しながら最適な治療法を選ぶことが大切です。歯科治療は健康や美容だけでなく、生活の質の向上や日々の幸福度にも影響します。自分の歯に合った治療を受けて、笑顔で毎日を過ごしましょう。

ファミリアデンタルオフィス
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら