「イオンモール浜松市野」の近くにある歯医者

〒435-0052 浜松市中央区天王町1966

topics トピックス

インビザラインと舌側(裏側)矯正の違いは?目立たない矯正装置の紹介



歯並びが悪いと、見た目だけでなく噛み合わせや発音にも影響が出ることがあります。しかし、矯正治療を受けるとなると、装置が目立ってしまうのが気になる方も多いのではないでしょうか。今回は目立ちにくい矯正治療法として人気のインビザラインと舌側矯正についてそれぞれご紹介します。

■インビザラインとは

インビザラインとは、透明なマウスピースを装着して行う矯正治療法です。世界各国で実績があり、日本でも、インビザライン矯正を採用している歯科医院は多いです。

 

インビザライン矯正を受ける場合、治療を開始する前に歯がどのように動くかをシミュレーションします。患者さま自身もシミュレーションを確認できるので、治療内容を理解しやすいことが大きな特徴です。

 

ワイヤー矯正と比較すると歯にかけられる力が弱く、マウスピースを短期間で交換しながら治療を進めるため、装着時の痛みは少ないとされています。マウスピースを取り外せるため、ふだんどおり食事や歯磨きを行えることも特徴で治療中も口腔内を清潔に保ちやすいでしょう。

 

■舌側(裏側)矯正とは

舌側矯正とは、ブラケットやワイヤーを歯の裏側に装着する治療方法を指します。固定式のワイヤー矯正は、従来は歯の表側に装着するものしかありませんでした。表側矯正でも、最近は透明なブラケットに白いワイヤーも増えて、そちらを選ぶことでだいぶ目立たなくはなりました。しかし、目立たない色であるとはいえ、やはり表側の装置は見ればわかります。そのため歯の裏側に装着する舌側矯正のほうが目立ちにくいでしょう。

 

ただし、舌側矯正は表側矯正と比較して高い技術力が必要であるため、治療を行うことができる歯科医院は多くなく、舌側矯正を選択できないことがあるでしょう。また治療期間が比較的長く、費用も高くなることもあります。

 

■インビザラインと舌側(裏側)矯正の違いを比較

◎治療期間

インビザラインは通常約半年~2年を目安にしていますが、舌側矯正は1~3年と少し長めです。

 

◎歯磨きのしやすさ

インビザラインはマウスピースを取り外すことができるため、食事や歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病のリスクが低いです。一方、舌側矯正は装置が歯の裏側に固定されているため、清掃が難しく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

◎装着時の痛み

インビザラインの方が歯にかけられる力が弱いため、痛みが少ないと言われています。舌側矯正は比較すると力が強いため、痛みを感じやすいようです。

 

◎適応症例

インビザラインは部分矯正や小児矯正も可能ですが、重度の不正咬合には対応できない場合があります。舌側矯正はほとんどの不正咬合に対応可能ですが、歯の裏側の形状によっては適用できない場合があります。

 

◎発音のしやすさ

インビザラインを装着したばかりの時は違和感がありますが、すぐに慣れることができます。舌側矯正も同様に、初めは発音しにくいですが少しずつ慣れていきます。

 

■インビザラインが適しているケース

マウスピースの取り外しができるため、今後結婚式などイベントを控えている、人前で話す機会が多い、食事や歯磨きにこだわりがある方にもおすすめです。痛みに敏感な方や、歯に強い力をかけたくない方にも向いています。

 

■舌側(裏側)矯正が適しているケース

マウスピースの管理に自信がないけれども、見た目が気にならない矯正治療を行いたい方。

装置がつけっぱなしの方が良いという方にはおすすめです。

 

【当院はさまざまな矯正治療に対応しております】

インビザラインと舌側矯正は、目立ちにくい矯正治療法として人気があります。しかし、どちらもメリットとデメリットがあります。自分の歯並びの状態や、治療にかけられる費用や期間、見た目や痛みの感じ方などを考慮して、最適な方法を選ぶことが大切です。

 

ファミリアデンタルオフィス
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら